ミーガン・ラピノー、長いキャリアを経て誇りを持って最後の女子ワールドカップを去る

ニュース

ホームページホームページ / ニュース / ミーガン・ラピノー、長いキャリアを経て誇りを持って最後の女子ワールドカップを去る

Jul 25, 2023

ミーガン・ラピノー、長いキャリアを経て誇りを持って最後の女子ワールドカップを去る

2023年8月6日日曜日、オーストラリアのメルボルンで行われたサッカー女子ワールドカップのラウンド16、スウェーデン対アメリカの試合中、コーナーに立つアメリカのミーガン・ラピノー。(AP通信)

2023年8月6日日曜日、オーストラリアのメルボルンで行われたサッカー女子ワールドカップ・ラウンド16のスウェーデン対アメリカの試合中、コーナーに立つアメリカのミーガン・ラピノー。(AP写真/ハミッシュ・ブレア)

2023年8月6日日曜日、オーストラリアのメルボルンで行われたサッカー女子ワールドカップ・ラウンド16のスウェーデン対アメリカの試合終了時、アメリカのミーガン・ラピノー(中央右)がアメリカのゴールキーパー、アリッサ・ネハーと抱き合う。ワールドカップ通算4回の優勝という記録を持ち、前人未到の3連覇を目指していたステイツはチーム史上初めてラウンド16で敗退した。 (AP写真/ハミッシュ・ブレア)

2023年8月6日日曜日、オーストラリアのメルボルンで行われたサッカー女子ワールドカップ・ラウンド16のスウェーデン対アメリカの試合で、PK戦で得点を逃したアメリカのミーガン・ラピノー選手が反応する。(AP写真/ハミッシュ・ブレア) )

2023年8月6日日曜日、オーストラリアのメルボルンで行われたサッカー女子ワールドカップ・ラウンド16のスウェーデン対アメリカの試合でコーナーキックを蹴るアメリカのミーガン・ラピノー。(AP写真/スコット・バーバー)

2023年8月6日日曜日、オーストラリアのメルボルンで行われたサッカー女子ワールドカップ・ラウンド16のスウェーデン対アメリカの試合中、スウェーデンのゴールキーパー、ゼシラ・ムソヴィッチは、アメリカのミーガン・ラピノーがゴールにペナルティショットを外すのを見守る。(AP写真/)スコット・バーバー)

2023年8月6日日曜日、オーストラリアのメルボルンで行われたサッカー女子ワールドカップのラウンド16でスウェーデンに敗れた後、チームメイトと反応す​​る米国のミーガン・ラピノー選手(右)。(AP写真/スコット・バーバー)

2023年8月6日日曜日、オーストラリアのメルボルンで行われたサッカー女子ワールドカップ・ラウンド16のスウェーデン対アメリカの試合で、アメリカのミーガン・ラピノーがペナルティースポットを外した。(AP写真/スコット・バーバー)

メルボルン、オーストラリア(AP通信)—ミーガン・ラピノーは、最後の女子ワールドカップに向けて、これまでとは異なるフィニッシュを望んだ。 残念な結果となったにもかかわらず、彼女はアメリカ代表チームでの大成功を収めたことに感謝した。

ラピノーのワールドカップでのキャリアは日曜、ラウンド16で米国がスコアレスドローの末PK戦でスウェーデンに敗れ、その生涯を終えた。 率直な38歳の彼女は先月、これが最後の国際大会になると発表した。

「先に進んで、優勝などを保証できればよかったのに」と彼女は語った。 「しかし、この経験や私のキャリア全般からは何も生かされません。 できるだけ長くプレーでき、成功したチームに所属できることをとても幸運に思い、感謝している」

明るい髪の色で知られるラピノーは、試合後記者団に話しながら涙を流した。 彼女はペナルティーキックを外し、チームメイトのケリー・オハラとソフィア・スミスも同様だった。

「やるべきことはたくさんある」と彼女は語った。 「私はそれで安心しています。 だから悲しいけど、私は大丈夫です。」

今回のワールドカップでは、ラピノーは控えの役割を担っていた。 彼女はベトナム戦で3対0で勝利し、開幕戦で途中出場し、チームでの200試合出場を果たした。 彼女はポルトガルとのグループ最終戦でも途中出場したが、惜しくもスコアレスドローに終わった。

スウェーデンに敗れた後、キャプテンのリンジー・ホーランとディフェンダーのジュリー・エルツはフィールド上でラピノーを抱きしめた一人だった。

「私は彼女を愛していると言ったところです」とホランはこみ上げながら言った。

「これは彼女との旅でした」とアーツさんは語った。 「彼女は長い間素晴らしい選手であり続けた。 それを彼女に確実に伝えたかっただけです。」

これはチームにとって最も早いワールドカップ敗退となった。 米国は過去2大会と総合4大会で優勝し、どの国よりも多く優勝した。 チームはこれまで3位以下で終わったことはなかった。

2019年フランスワールドカップで、ラピノーは決勝でオランダを2-0で破り、PKを含む6ゴールを決めた。 彼女はまた、3アシストを記録し、総合最優秀選手のゴールデンブーツとゴールデンボールの両方を獲得した。

両腕を広げた彼女の勝利のポーズは、米国の圧倒的な走りを象徴するイメージの一つとなった。