フォーチュンがマレーシアのアンワル・イブラヒム首相にインタビュー

ブログ

ホームページホームページ / ブログ / フォーチュンがマレーシアのアンワル・イブラヒム首相にインタビュー

Apr 20, 2024

フォーチュンがマレーシアのアンワル・イブラヒム首相にインタビュー

アンワル・イブラヒムにとって、マレーシア首相になるまでの25年間の道のりは、時には「拷問」だった。 大統領選挙で副首相に任命されたとき、彼の昇進は当初、急速に進むかのように思われた。

アンワル・イブラヒムにとって、マレーシア首相になるまでの25年間の道のりは、時には「拷問」だった。

1990年代初頭にかつての師であるマハティール・モハマドを支持して副首相に任命されたとき、彼の昇進は当初急速に進むかのように思われた。 しかし、その関係が悪化すると、アンワルは解雇され、殴打され、最終的には汚職とソドミーの偽りの容疑で10年近く投獄されたことに気づきました。 (イスラム教徒が多数を占めるこの国では、同性愛者であることは犯罪です。)

アンワル氏は、ゴールドマン・サックスの元マネージング・ディレクターの支援を受けてマレーシア政府系ファンドから40億ドル以上が盗まれた数十億ドル規模の1MDBスキャンダルを受けて、2018年にマハティール氏と再び協力した。 投資銀行は関与に対して和解金を支払ったが、アンワル氏はウォール街の巨人から残りの資金を取り戻すために今も戦っている。 このスキャンダルにより当時のナジブ・ラザク首相は失脚し、マハティール氏はマレーシアを軌道に戻すことを期待して政権に復帰した。 しかしその後、この国は何年にもわたる政情不安を経験し、複数の指導者が立て続けに選出されたり、経済が混乱したりして失脚した。輸出の低迷と世界的な景気減速を受けて低迷した。

2022年11月、マレーシア国王は歴史的な選挙での投票が膠着した後、アンワル氏を第10代首相に指名した。 しかしその直後、アンワル氏は別の試練に直面した。マレーシアの13州のうち6州が参加する8月12日の州選挙で、早期の評決はまちまちだった。 結果は概ね予想されていたが、いくつかの重要な分野で反対派が立場を固めた。

現在76歳のアンワル氏は、マレーシアの安定を維持し、経済界の地位を向上させるためにやるべきことがたくさんある。 運編集長のアリソン・ションテルは8月下旬、イポーで同氏と会談し、この国の大胆な10か年計画について話し合った。 世界経済トップ 30 入り、労働力における女性の割合の増加、世界トップ 30 への上昇など、複数の柱があります。世界競争力指数、汚職認識指数、人間開発指数で上位にランクされています。

この計画の成功の多くは、魅力的なサプライチェーンソリューションとしての地位を確立したいと考えているマレーシアに高賃金の雇用をもたらすよう、世界的な大企業を説得できるかどうかにかかっています。 アンワル氏は最近、イーロン・マスク氏とスターリンクとテスラの機会を国内にもたらす影響力のある契約を締結しており、さらに多くの契約が続くことを期待している。 しかし、首相はまた、政権を維持し、自らのビジョンを貫くのに十分なほど安定した政府であることを、これらの指導者たちに納得させる必要があるだろう。

インタビューは長さと明瞭さのために軽く編集されています。

アリソン・ションテル: 首相、今日はここにお集まりいただき大変光栄に思います。 9 か月前、あなたはマレーシアの歴史的な選挙に勝利し、第 10 代首相に就任しました。 おめでとう。 2週間前、再び選挙があり、最初の大きな試練になるだろうと言う人もいた。 結果はどうでしたか?

アンワル・イブラヒム:私たちは、より保守的なイスラム政党に後背地で負けたのとは対照的に、特に主要な州、経済的に繁栄している3州で支持水準を維持することができました。 これは政府が安定しており、今後 4 年間はここにあるという明確な兆候だと思いました。

そしてそれ自体が重要です。 皆さんが誰よりもよくご存じのとおり、マレーシアにとってここ数年は激動の年でした。 あなたが今日の座に就くまでには波瀾万丈の道のりでした。その準備には約25年かかり、そのうちの10年は、率直に言って、やっていない、犯罪ではないと言ったことのために刑務所で過ごしました。世界の他の地域でも。 その経験から首相になるための準備は何でしたか? そしてそれはあなたを人としてどう変えましたか?

25 年間刑務所に入ったり出たりしていると、学習曲線が現れます。 狂気に満ちたこの世界では、あなたはより成熟し、忍耐強くなり、正気になると思います。 そして、私は自由、忍耐、経済政策について非常に多くのことを学んだと思います。 私はこの国にどのように貢献し、再び活気に満ちた素晴らしい国にするかに効果的に焦点を当てたいと考えています。